FC2ブログ

スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

外国人生活者日本語サポーター養成講座

2014-06-09

6月7日(土)13:30~15:30、「外国人生活者日本語サポーター養成講座」を開催しました。
「地域の外国人生活者にどのような支援ができるか」について参加者の皆さんと一緒に考えました。

内容
1. 文化庁開発「標準的なカリキュラム案」の説明
20140607supporter1
2.名古屋YWCA 2013年度文化庁委託事業の活動報告
20140607supporter2
3.名古屋YWCA 2014年度文化庁委託事業の活動紹介
4.ワークショップ 
  ~地域の外国人生活者にどのような支援ができるか~

企画当初、時間の関係上、ワークショップの開催予定はなく、
短い時間でワークショップを行うと
却って何の意見もでないまま終わってしまうのではないかと心配していたのですが、、、実際はその逆でした。
(↓ワークショップの様子)
20140607supporter3
20140607supporter4
参加された皆さんは、
既に地域で活動されている方も多く、
ワークショップでは活発な意見が飛び交っていました。


今回の講座開催で、地域で活動している支援者が集まり、
意見交換すること、支援の仕方を共に考えることの
重要性を実感しました。
またこのような機会を設けられればと思います。
ご参加くださった皆様、ありがとうございました。


<参加者の感想>
・活動のヒントをたくさん得ることができた。
 支援者同士のネットワークづくりにも役立った。
・全体がよくわかった。
・文化庁の本の利用法が何とか見つかった感じです。
・文化庁発行の書類は文章が多く難解!
 解りやすく要点を説明いただきありがたかった。
・文化庁の「標準的なカリキュラム案」のことは
 今日初めて知り、国としても大きく取り組んでいることが
 よくわかって興味深かった。
・本年度の地域外国人定住化促進のための日本語教室を
 開いています。
 生活に関する日本語としてクラス運営したいが、
 どうしてもレベルの差もあり、言語習得、学習に
 重点が置かれてしまうので、指導する方の
 このようなワークショップが非常に地元で
大切だと感じました。
・語学だけではない生活上の支援の必要性を感じました。
・2013年度の報告にかける時間が少々長すぎたのではないか
 と感じました。
 今回の養成講座のワークショップにかける時間が不足し、
 フィードバックまでが充分でなかった。
 先生方からアドバイスはとても力強く知識のない者にも
 響く内容でした。
・ワークショップでの皆様の意見が大変参考になりました。
 最後の伊藤先生の"外国人が自立できるためのサポートを"
というお言葉が印象に残りました。
・ワークショップでは、対象者を限定したことで、
日頃接していない学習者さんの支援について考えることが
出来、支援方法の幅を広げることができました。
・実際に活動されている方達の話が聞けて参考になることが多かったです。
 “日本語支援”以外の問題が多いですが、“共生”の視点での
 より広い周知すること(日本人全体)が重要かなと思います。 
 “お互いを尊重し合える気持ち”でしょうか。
スポンサーサイト

外国人生活者 日本語サポーター養成講座 開催します!!

2014-04-21

皆さん、こんにちは。
今年も文化庁委託事業、外国人生活者に対する日本語教育事業が始まります!

今回はその第1弾『外国人生活者 日本語サポーター養成講座』を開催します。

外国人生活者日本語サポーター養成講座

外国人生活者(児童)への支援をお考えの方、大募集です!

たくさんのご応募お待ちしております。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。